【日時】2013年5月29日~6月16日


【会場】日暮里d-倉庫

 

【出演】

高橋倫平、わかばやしめぐみ、末原拓馬、さひがしジュンペイ、林勇輔(劇団スタジオライフ)

 

【作品内容】

第10回本公演では、林勇輔(劇団スタジオライフ)を客演に迎え、日暮里d-倉庫にて3週間の公演を慣行。

 

初日には、d-倉庫史上初、開場待ちの列ができるなど、この公演への期待を大きく感じられることに。その後、公演の内容が口コミで広がり、日に日に来場者が増え、追加公演を含む全26ステージで、2097人を動員。

 

口コミサイト「CoRich(こりっち)舞台芸術」の「観たい!」「観てきた!」の口コミで両方とも1位を獲得しました!

 

【特設サイト】

http://obonro2013.jimdo.com/

 

第9回本公演

『ビョードロ~月色の森で抱きよせて~』

無事終了しました!
総動員2097人
どうもありがとうございました!
『ビョードロ~月色の森で抱きよせて~』DVD発売記念 上映会

開催日程:2013年12月8日(日)

開催場所:渋谷co-ba 6F

▼住所:東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル▼

 

アクセスページ:http://co-ba.jp/access/

全席自由 / 定員入換制

チケット価格:2,000円

 

【タイムスケジュール】

1st screening▼11:30~13:30 「なんのおかまいもしませんが(1ドリンク付)」

本当にただ上映するだけです。

なんのおかまいもしませんが、逆に気楽に観に来ていただけたらと思っています。

語り部と一緒に月色の森へ参りましょう。

 

2nd screening▼14:00~17:00 「ビョードロ・トークSHOW」

上映終了後、末原拓馬、わかばやしめぐみ、高橋倫平、さひがしジュンペイ、林勇輔氏(スタジオライフ)の5人の語り部が『ビョードロ~』について、たっぷりとトークいたします♪  

 

3rd screening▼18:00~21:00 「ディナーしよう!」  ※満席になりました!

上映終了後、なんと!末原拓馬、わかばやしめぐみ、高橋倫平の3人が自ら腕を振るった料理でおもてなしいたします。 こちらにも、さひがしじゅんぺい、林勇輔氏が参加! スペシャル○○は、当日までのシークレットですが、おもしろいことになること間違いなし! ディナーをしながらみんなでワイワイとお話しましょう。  

 

【ディナーのタイトルが決定しました!】

★りんぺいディナー:『和と洋のコラボレーションりんぺいシュフの特別ホワイトブラウンスープ。

食べる前に、おぼんろへの期待を振りかけてください』 500円

 

★めぐみディナー:『激ウマソースのイタリアンオムレツ』 1カット/300円

 

★たくまデザート『僕、何もできませんが…』生クリームを使ったアレです 300円

 

◆ドリンク◆

●赤ワイン●白ワイン●カシス●ホットワイン 300円

○烏龍茶○オレンジ○紅茶○コーヒー     200円

 

※受付は上演30分前、開場は上演の15分前です。

※すべての回に語り部がおります

※すべての回で、グッズ、DVDの販売があります

第10回本公演「ビョードロ~月色の森で抱きよせて~」アンケート抜粋

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『あまり演劇を観る方ではなくて、いろいろ観始めたのは最近なのですが、そのどれよりも魅かれました。いろんな所を観て、いろんなものを感じました』(神奈川県/MOさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『今日で3回目になります。 下の席だと物語に溶け込むことができて、一緒に森の中にいる雰囲気を味わうことができました。また来ます』(江東区/YWさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『昨年、『ゴベリンドンの沼』を観た友人に「絶対に観た方がいい! 観ないと人生の損だ!」と言われ、そこまで言うならと初めて観に来ました。。最初から最後まで、ずっと驚いたり、見とれたり。素敵な体験がいっぱいつまった時間でした。なんですか、これは。中毒性あり過ぎです』(板橋区/KKさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『今回の公演に参加して、Corichに「観てきた」を書いた後、ツイッターなどの多くの人の「ビョードロ」へのつぶやきを見ていたら、居ても立っても居られずに他の予定をキャンセルして、リピートしに来てしまいました。このウズウズ感はきっと「ビョードロ」を体験した人たちの中に確かに残っていて、「おぼんろ菌」が、いっきにパンデミックするのも間近なのではないかと思ってしまいます』

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『物語の内容が解りやすく、心に沁み入りました。客の巻き込み方も更にパワーアップしていてとても楽しめました』

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『リピートせずには、いられないと思う作品でした。 限られた劇場空間のはずなのに、達者な役者陣が、巻き起こす空間は、限りなく広がる感が、魅力的です。 まさに、おぼんろワールド全開で、キンキラリンのラブだね! 切なさは拭いきれないけど、物語的には、好きです』

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『前回公演 「ゴベリンドンの沼」は 廃工場を使っての公演で、工場の雰囲気に誰もがその場にいるだけで、満足してしまえるほどの凄味を持っていました。「ビョードロ」では既存の劇場を使ういうことで、前回ほどの衝撃はないだろうと思っていました。しかし、簡単に期待の上をいってくれました! おぼんろ、すごいと確信した公演になりました』

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『会場となるd-倉庫には何度か足を運んだことがあるが、今回のおぼんろの様な使い方をしている劇団など一度もない。縦横無尽に客席の周りを走り回るスタイルのおぼんろを芸術劇場の「おぼんろ博物館」で体感したと思っていたが、その比ではなかった。人々が、劇場が喜んでた』

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『「おぼんろ」の劇を観ている間は、ずっと別世界にいるみたいで不思議な気分になります。今回からグッズが販売されるようになって、「おぼんろ」とのつながりを感じられる喜びを感じてます』(神奈川県/MNさん)

『 お友達に「ぜひ観てほしい」と言われて来ました。なぜ、友達がそう言ったのか、観ているうちにわかりました。今まで観たことのないお話で感動して涙が枯れました。リピーターが多いことに納得。(狛江市/EHさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『今まで、「時間が経つのがあっという間」という言葉は、何かを誉めるときの方便みたいなものだと思っていました。今日初めて、2時間があっという間だという感覚を味わいました』(大田区/HOさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『噂を聞いて、観に来ました。私の「願い事はなんだろう」という、自分への問いかけを改めて持つきっかけになったかも』(兵庫県/WIさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ほかの演劇を観たときにチラシが気になり、観に来ました。初めての雰囲気でどんどん引き込まれました』(渋谷区/EIさん)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『どうにかして、もう1回……いや、2回は足を運びたい!』(中央区/KOさん)

お問合せ、お仕事のご依頼、劇団員へのメッセージなど、【contact】まで、気軽にご連絡お願い致します。