舞台「狼少年ニ星屑ヲ」藤井としもり降板のお知らせ

舞台「狼少年ニ星屑ヲ」に出演を予定しておりました藤井としもりは、一身上の都合のためやむを得ず降板させて頂く事になりました。


降板にあたり公演を楽しみにして頂いておりました参加者の皆様にご心配、ご迷惑をおかけします事を深くお詫び申し上げます。

 

藤井は降板させて頂く事になりましたが、「狼少年ニ星屑ヲ」はおぼんろ4名で上演いたしますので変わらず応援頂きますようお願い申し上げます。

今回の降板に関して払い戻し(キャンセル)をご希望されるお客様はお手数ですが、

下記を記載の上、おぼんろ制作部info@obonro.net までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

===========================

・お名前
・チケットに記載のある観劇日時

・席種

・枚数

・ご返金先の銀行名、支店名、口座番号、お名前

​===========================

いただいた内容を確認いたしまして、指定の口座までご返金いたします。

参加者の皆様へは深くお詫び申し上げます。


 

主宰 末原拓馬より

まず第一に、メンバーのことであり、とてつもなく身内のことなので、このような場ではへりくだってへりくだって我がことのようにへりくだって、彼のことを書かねばならない。そのことは重々承知していながらも、どうしても、自分自身が彼のことを仲間として友人として愛しすぎていることもあり、無礼なこととは思いますが、ほんの少しだけ、本音のところと、僕らのこの決断に際しての覚悟を記させてください。

 

本人から相談され、それでもなんとか5人揃って本番に臨めないかと調整を繰り返し、本人もいろいろと努力をしてくれたのですが、いろいろなことを鑑みて話し合った結果としてこのような決断になりました。藤井としもりを楽しみにしてくださっている参加者の方が多くいらっしゃることも存じ上げているため、大変心苦しく思うのですが、年末の第14回本公演に5人揃って全力で臨むために重要な決断であったと思っています。

  

『狼少年二星屑ヲ』は過去に2回公演をしたおぼんろにとって大切な物語です。5人用に書かれている物語なので、こうなってしまった以上は代役を呼ぶことも思案しました。しかし、やはり自分たちの力で乗り越えたい、そして、それがきっと自分たちのエネルギーになると考えました。そして、藤井としもりの代わりになる人間は自分たちにとってあり得ない。このあいた穴を埋めることは、仲間である自分たちの使命なのではないか、と考えました。2016年、『狼少年二星屑ヲ』は、さひがしジュンペイ、わかばやしめぐみ、高橋倫平、末原拓馬の4人で紡ぎます。絶対に、何に齧りついてでも素晴らしいものを用意してご来場をお待ちします。参加者の皆さまも、どうか我々とともに藤井としもりの 復帰を心待ちにしていて頂けたらと切に願います。そして、今後ともおぼんろを応援して頂ければ、これに勝る喜びはありません。

                                                                                                                                                                                            末原 拓馬

お問合せ、お仕事のご依頼、劇団員へのメッセージなど、【contact】まで、気軽にご連絡お願い致します。